T-Basic. Inc.

anytime at all, all you gotta do is call, and we'll be there.


Home > News

Latest | Archives

伊丹十三 幻の監督デビュー作『ゴムデッポウ』特別上映 イベント開催!!

2005/12/19 (Mon) 10:38

伊丹十三 幻の監督デビュー作『ゴムデッポウ』特別上映
     イベント開催!!

 1962年 伊丹十三、29歳−
  『ゴムデッポウ』は伊丹十三監督が1962年、“伊丹一三”時代に
 撮った初監督作品。舞台は当時、伊丹監督が住んでいた麹町の自宅。
 自らも出演し、友人たちと自作のゲーム“ゴムデッポウ”の腕を競い
 合う日常風景が、説明を省いた断片的なシーンの連続で展開する。
 皇居前広場や銀座の雑踏、私鉄沿線に林立する看板群など、東京の
 風景も多くスケッチされている。
  当時まだ29歳だった伊丹監督が、乾いたユーモアで描き出す自画
 像は、60年代安保後に出現し始め、高度経済成長と共に増殖してい
 った“高等遊民”の姿を見事にとらえている。来るべき高度経済成長期
 に向けて走り出す街の風景と、そうした風潮を嘲笑うかのように徹底
 した無為な日々を過ごす“高等遊民”たち。
 1962年という時代に対する彼自身の違和感が、ゴムデッポウをカメ
 ラに向かって打つ最後のシーンへとつながってゆく・・・。
  伊丹十三が「洋酒天国」「婦人画報」に「ヨーロッパ退屈日記」を
 発表し始め、エッセイストとしての頭角を現したのも、この1962年
 という年だ。
 
  『ゴムデッポウ』は1963年赤坂・草月会館で上映されて以来、
 40年以上も眠っていた幻のフィルム。新潮社「考える人」編集部が
 単行本「伊丹十三の本」を編集するにあたり、伊丹監督の湯河原の
 自宅を訪問した際に発見され、この度特別上映イベント開催が決定
 した。

 伊丹十三 幻の監督デビュー作『ゴムデッポウ』特別上映 開催概要

 ◆日  時:2005年12月27日(火) 開場18:30 開演19:00
 ◆会  場:草月ホール(東京・赤坂)
 ◆内  容:ご挨拶/宮本信子
        第一部;『ゴムデッポウ』特別上映
        第二部;『ゴムデッポウ』時代の伊丹十三について
             対談/村松友視氏、新井信氏
 ◆出  演:宮本信子(女優)、村松友視(作家)、新井信(編集者)
 ◆チケット:1,000円(全席自由/税込)
       チケットぴあより発売中
       Pコード:551-817 TEL:0570-02-9966

 関連リンク
 チケットぴあ: (Link)
 新潮社: (Link)
 スポニチ(伊丹十三記念館): (Link)

<< 一覧 | < 前の 1件 | 次の1件 >